新着情報

[航空機解体への道]アメリカに視察に行ってきました!

611日~20日に、弊社豊富産業グループの会長、高倉可明と、豊富産業株式会社及び日本総合リサイクル株式会社の社長、高倉康氏がアメリカに行ってきました。

目的は・・・・・・「航空機解体ビジネス」の現状視察です。

広大な大地が拡がる。圧倒的なスケール感。まさにアメリカンドリーム!

 DSCN3588.JPG

 

富産業グループでは、鉄や車等幅広く乗り物のリサイクルを手掛けています。

グル―プ企業の日本総合リサイクル株式会社では、平成2412月から国内で初めて民間による鉄道車両解体を始めました。

 

鉄道車両解体に関しては、新聞やニュース等でも多く取り上げられ、多くの反響を呼んでいます。

 

そんな中、次なるターゲットは・・・・・航空機の解体です!

 DSCN3427.JPG

 

一般的にはあまり知られていませんが、アメリカには「飛行機の墓場」と呼ばれる場所があり、使用されなくなり、処理しきれなかった機体がズラリと並ぶ場所があります。解体されないまま、保管されているだけの航空機が西海岸だけで1,000機程あるようです。

 DSCN3541.JPG

 

今回の出張では、航空機の解体に関わる米欧の企業を中心に構成する航空機解体リサイクル協会(AFRA)に、日本で初めて加盟することとなりました。

 DSCN3648.JPG

 

今後は課題を整理して、航空機解体事業を視野に入れて、事業展開をしたいと考えています。

 

豊富産業株式会社が掲載されている、航空機解体リサイクル協会のホームページはこちら。

http://www.afraassociation.org/AircraftRecyclingDirectory.cfm

(航空機解体リサイクル協会のメンバーリスト)